2013年08月

2013年08月26日

関東甲信越ブロック 福祉レクリエーション・セミナー(長野)

関東甲信越ブロック 福祉レクリエーション・セミナー

全国福祉レクリエーション・ネットワーク関東甲信越ブロックの福祉レクリエーション・セミナー、今年は平成20年以来、久しぶりに長野県佐久市を会場に開催することになりました。再来年の全国レクリエーション大会が長野県で開催されることに決っており、福祉レクに関わるメンバー同士のネットワークを強める絶好の機会でもあります。今回も特に地元の皆さまに喜んでいただける講師をお迎えいたします。他県から参加される方々との情報交換・交流ができるのもブロックセミナーのメリットです。是非お仲間とお誘い合わせの上ご参加ください。お待ちしております!

●主 催 全国福祉レクリエーション・ネットワーク 関東甲信越ブロック
●後 援 長野県レクリエーション協会、全国福祉レクリエーション・ネットワーク
日 時 平成25年11月10日(日) 9時30分~16時
●会 場 佐久大学 2号館 2200・2201教室
     〒385-0022 長野県佐久市岩村田2384
     電話 0267-68-6680
     
●対 象 デイサービス・デイケアサービス等の高齢者施設・保健分野の関係団体等で利用者のケアに携わっている方、ホームヘルパー、各種ボランティア、高齢者のレクリエーションに興味・関心のある方
●定 員 100名
●参加費 全国福祉レクリエーション・ネットワーク会員2,500円、一般3,000円
●締 切 定員になり次第締切らせていただきます
●お申込・問合せ先    
  〒384-2300長野県立科町八ヶ野女神平1305      
     佐久レクリエーション協会事務局            
     
     お申込を確認後、随時「参加票」を        
     お送りします
●交通案内
・長野新幹線・JR小海線「佐久平駅」(蓼科口)
  より徒歩15分 
・上信越自動車道「佐久インター」より車で10分
・ 中部横断自動車道「佐久中佐都インター」より車で3分
プログラム    9時15分受付開始
 9:45~10:00     開講式
10:00~12:00    講義「トコロ変わればカラダが動く」
           ~指導によるアプローチだけでなく、 動きたくなる環境づくりの大切さ~
                     講 師 岡田真平氏 公益法人 身体教育医学研究所所長、
             NPO法人 日本健康運動指導士会 長野県支部 副支部長

12:00~13:00    昼休み(12:30?50、佐久レクメンバーの「ポールde体操」をご紹介)

13:00~15:30    実技「認知症対応デイサービスの現場から」
            ~快い介護につなげるレクリエーション~
                     講 師 村松郁惠氏    通所施設デイホーム「ちゃのま」施設長、認知症ケア専門士、ケアマネージャー
15:30~      閉講式

<講師のご紹介>
● 岡田真平(おかだ しんぺい)氏 39歳という若さで、地域での調査研究、運動指導(高齢者・子ども・成人対象)による健康づくりの実践の他、講演活動を多くこなし、健康・運動に関する数多くの団体で指導的立場にある。健脚度測定による介護予測の研究や、温泉を活用した健康づくりを全国に発信している 社会福祉法人みまき福祉会の理事でもある。

●村松郁恵(むらまつ いくえ)氏 「認知の低下した方々と共に探そう小さな喜び、大きな笑顔」「小さな達成感でも生きる意欲につながる、心開けば体も動く」をモットーに日々の活動を続けている施設長。その他に福祉現場で働く人たちの指導で日本全国を巡っている。福祉レクリエーション・ワーカー、東京都福祉レクリエーション・ネットワーク会計担当理事


norimaki at 03:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 研修会情報 

東海・北陸ブロックセミナー2013(石川)

全国福祉レクリエーション・ネットワーク 東海・北陸ブロックセミナー2013

(兼)介護医療福祉現場のためのスキルアップ・セミナー2013

-医療・介護現場に役立つ基礎的医学知識とQOL改善のための個人援助について学ぶ-


日時:平成25年11月23日(祝日・土) 9:15~16:00

会場:金沢医科大学病院  新館12階  大会議室

セミナー概要(石川県レク・インストラクター養成に係る事業に位置づけております)
参 加 費:2,000円(学生1,000円)

<予定講師紹介>

①中橋 毅(なかはしたけし)先生       9:30~10:50

 (金沢医科大学教授 能登北部地域医療研究所 所長)

 <講義内容>超高齢社会における認知症あれこれ

 ・日本の超高齢化とその影響について考える

 ・認知症って何に? 医療・介護・福祉の連携の重要性

 

 ②大畑敬一郎(おおはた けいいちろう)先生  11:00~12:00

 (公立穴水総合病院 在宅療法センター 訪問リハビリテーション担当、作業療法士など)

 <講義内容>笑顔と笑いでアプローチ!効果を10倍高める訪問リハビリ

 ~人間が生活するために必要な運動や体を動かすことの大切さを実体験に基づいて話します~

 

 ③有本征世(ありもと ゆきよ)先生

 (愛知県碧南市レクリエーション協会会長、NPO法人へきなん南部総合型 スポーツクラブ理事長など)

 <講義内容>「子どもから高齢者を対象とした豊かな時間を演出するための支援プログラムを体験して 頂きます。その現場では、「できること」「できないこと」が個人によって異なり、出来合いのゲームやスポーツでは対応できないことがよくあります。そこで必要になるのが、現場や対象者に合わせたアレンジ方法です。その基本的な考え方とポイントを紹介しながら、受講生の皆さんと一緒に楽しく学びます。

 

問合せ・申し込み
いしかわ福祉レク・ネットワーク
こちら
 


norimaki at 03:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 研修会情報