沿革

2012年04月08日

たくさんの笑顔に出会いたいと私たちは願っています。

◇メッセージ◇

「レクリエーションなんて関係ないと思っていたのに、こんなに楽しい時間があったんだね。」と話してくれたお年寄りの表情は、穏やかで、すてきな笑顔でした。
 「施設での単調な生活がこんなにも変わってしまうのですか。」と驚きをあげた施設職員の表情は、輝くばかりの笑顔に変わっていきました。
 初めてのダンスに興奮している目の不自由な方の「次の集まりでもまたこれをやろうよ。」と言ったときの笑顔。ウォークラリーで入賞を果たした車椅子の少女の笑顔。どれも忘れることのできない素敵な笑顔です。
 ひとつの笑顔はさらに笑顔を引き出し、笑顔の交歓は喜びの共有、生きることの喜びを実感させます。
 全国福祉レクリエーション・ネットワークの活動は、そうしたたくさんの笑顔に支えられています。

 私たちのネットワークは、福祉レクリエーション・ワーカーやレクリエーション・インストラクターなどの有資格者はもちろんのこと、福祉施設や行政の職 員、ボランティア、一般市民の皆さんのほか、ご高齢の方々や障害のある方々で、福祉レクリエーションに興味・関心をお持ちの方ならどなたでも一緒に学び合 うことのできるネットワークです。
 誰もが同じかけがえのないいのちを授かり、この世に生まれてきた人として、ともに支えあう社会の実現を目指していくためにも、障害を越え、加齢を越え、 「すべての人のためのレクリエーションの実現」を目標に、これからも福祉領域でのレクリエーション運動を続けていきたいと考えています。
 私たちのまわりだけでなく、あなたのまわりに、そしてあなたご自身の中に、いのちの輝きとしての笑顔が増えていきますように、「全国福祉レクリエーション・ネットワーク」は願っています。

◇沿革◇
 1987年に福岡市で開催された「第1回全国福祉レクリエーション研究交流集会」を契機に、来るべき福祉社会に向けて、高齢者や障害のある方々などの生き がいと自立を「レクリエーション」の側面からさらに援助しようと、1989年、全国福祉レクリエーション・ネットワークは発足しました。
以来、会員相互の情報交換や交流をベースに、福祉レクリエーション運動の発展と充実を目指して活動を続けてまいりました。
 現在も、(公財)日本レクリエーション協会公認・福祉レクリエーション・ワーカーやレクリエーション・インストラクターなどの有資格者のほか、社会福祉の 現場で活躍する専門職やボランティア、そして自らが障害者であるという仲間たちなど、さまざまなメンバーが集まり、研究や交流、情報交換などを続けており ます。
 


norimaki at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

規約

全国福祉レクリエーション・ネットワーク規約

 

 

     第1章 総則

 

(名称)

第1条 本ネットワークは、全国福祉レクリエーション・ネットワーク(略称:全国福祉レク・   ネットワーク)と称する。

 

(事務局)

第2条 本ネットワークの事務局は、全国障害者総合福祉センター(戸山サンライズ)内におく。

 

 

     第2章 目的・事業

 

(目的)

第3条 本ネットワークは、すべての人の豊かで幸せな生活の実現をめざし、会員相互の連携   を基盤として、福祉レクリエーション運動を推進することを目的とする。

 

(事業)

第4条 本ネットワークは、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

1 全国イベントを開催すること

2 福祉レクリエーションに関するセミナーを開催すること

3 福祉レクリエーションに関する理論と方法の調査、研究に関すること

4 福祉レクリエーションに関する情報の収集と提供を行うこと

5 会員相互の研修、交流

6 日本レクリエーション協会及び他の関連団体との連携を図ること

7 福祉レクリエーション援助者の社会的認知の向上を図ること

8 地域における福祉レクリエーション活動の支援

9 その他、本ネットワークの目的達成のために必要な事業

 

 

     第3章 会員

 

(会員)

第5条 本ネットワークには、次の会員をおく。

1 個人会員

2 団体会員

3 賛助会員

 

    2 会員の条件は、所定の年会費を払った、次のものとする。

1 個人会員

  ①福祉レクリエーション・ワーカー資格保有者

  ②福祉レクリエーション推進に意欲と関心を持つもの

2 団体会員

  ①福祉レクリエーション推進に意欲と関心を持つ団体

3 賛助会員

            ①本ネットワークの主旨に賛同する個人・団体

 

 

 

     第4章 運営

 

(運営委員)

第6条 本ネットワークに運営委員をおく。

  2 運営委員は、全国のブロック割を考慮して、総会において別に定める方法により選出    する。

  3 運営委員は次の任務をもつ。

               1 各ブロックにおいて福祉レクリエーションを推進するための連絡調整

    2 本ネットワーク全体の運営と事業の推進


第7条 運営委員の中に、次のものをおく。

1 代表運営委員  1名

2 副代表運営委員  若干名

3 事務局長    1名

4 会計      若干名

5 常任委員    若干名

 

2 代表運営委員、副代表運営委員、事務局長、会計は、常任委員会が推薦し、総会で決定する。

3 代表運営委員は、本ネットワークの代表として、ネットワークの運営全体を総括する。

4 副代表運営委員は、代表を補佐し、代表に事故あるときはこれを代行する。

5 事務局長は、本ネットワークの事務全体を統括する。

6 会計は、本ネットワークの会計全般を処理する。

7 常任委員は、本ネットワーク全体の運営と事業を担当する。

 

(監査)

第8条 会計の状況を監査するため監事若干名をおく。

 

(任期)

第9条 運営委員及び監事の任期は2年とする。ただし、再任はさまたげない。

 

 

     第5章 会議

 

10条 本ネットワークの会議は、総会と常任委員会及び運営委員会とする。

 

(総会)

11条 総会は本ネットワークの最高決議機関であり、年1回開催する。

  2 総会では次の事項を審議し、出席者の過半数の賛成をもって決定する。

        1 活動方針に関する事項

        2 事業報告、決算報告に関する事項

        3 監査報告に関する事項

        4 事業計画 予算に関する事項

  5 代表運営委員、副代表運営委員、事務局長、会計、常任委員の選出及び監事の選出に関する事項

        6 規約の改廃、細則に関する事項

 

(常任委員会・運営委員会)                  

12条 常任委員会は、代表運営委員、副代表運営委員、事務局長、常任委員及び会計で構成し、年1回以上開催する。

 

       2 常任委員会では、次の事項を審議し、出席者の過半数以上の賛成をもって決定する。

        1 総会提出議案

        2 その他、運営上必要とされる事項         

 

13条 運営委員会は、随時開催することができる。

      2 運営委員会では、次の事項を審議し、出席者の過半数以上の賛成をもって決定する。       1 ブロックの運営に関する事項

        2 その他、運営上必要とされる事項

 

 

     第6章 会計

 

(経費)

14条 本ネットワークの経費は、会費及び寄付金等をもって当てる。

 

(会費)

15条 個人会員、団体会員、賛助会員はそれぞれ定められ年会費を納入する。

2 会費の額及び納入方法は別途定めるものとする。

 

(会計年度)

16条 本ネットワークの会計年度は、4月1日から3月31日とする。

 

 

     第7章 雑則

 

(規約の改廃)

17条 この規約は総会の出席者の3分の2以上の賛成をもって変更することができる。

 

(書類、諸帳簿の備えつけ)

18条 本ネットワークには、次の諸帳簿を備える。

   1 規約    

          2 会員名簿

          3 諸会議議事録

          4 事業に関する諸帳簿

          5 会計に関する諸帳簿及び証拠書類

          6 その他必要な書類及び諸帳簿

 

付則

 (施行月日)

 1 この規約は、平成8年9月14日から施行する。   

         平成11年4月24日 一部改正      

                     平成13年4月21日 一部改正

                      平成15年4月19日 一部改正

 平成23年5月14日 一部改正

 

 



norimaki at 19:14|PermalinkComments(0)